Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

Yahooのトップ画面のFlashディスプレイ広告がクリック再生式に。いよいよFlash終焉

f:id:nekonkeo:20150921002610j:plain


かのスティーブジョブズさんが、Flashに三行半をつきつけてから、早5年が経ちました。





ブラウザがFlashへの対応を変更


過去、ちょっとでも動きがあったりリッチコンテンツだったりは、Flashを使ったものばっかりだったものです。企業のスペシャルサイトしかり、バナー広告もしかり。人の注意をひくために動きのある広告にするためにFlashを使うのが常套手段でした。

PC版のYahooのトップページにも、バッキバキのFlash広告をのせています。


しかし、いよいよ状況がかわってきたようです。

ChromeでみたYhooのトップページ。
いままでは、Flash広告が自動再生されていましたが、見てるこちらの意思でクリックしないと再生されなくなりました。

f:id:nekonkeo:20150921002811j:plain



Safariで見た場合だと、自動で代替画像に変わって…

f:id:nekonkeo:20150921002844j:plain



マウスオーバーすると、Flashを再生していいか聞いてきます。自動再生するかは環境設定で変わってきます。

f:id:nekonkeo:20150921002852j:plain



Chromeの場合、いったん再生した後、ページを読み込みなおしてもプレイボタンが表示されますが、Safariの場合はいったんFlashを許可するとそのページでは自動で許可されます。キャッシュを消すとFlashの自動再生は止まります。これもSafariは環境設定で再生許可サイトを変更できます。



2015年はじめには、動画サイトYoutubeもFlash動画ではなく、HTML5動画をデフォルトにすると発表しました。

YouTube Engineering and Developers Blog: YouTube now defaults to HTML5 <video>




iPhoneの普及がFlashを終わらせた。

iPhoneでおなじみ、AppleのスティーブジョブズさんがFlashを嫌っていたのは有名なお話。iPhoneを開発するうえで、セキュリティの問題やらタッチ操作にFlashが不向きやらと理由を挙げています。


そのFlashに対するジョブズさんの声明文がAppleのサイトに掲載されています。

Thoughts on Flash



iPhoneサイドは登場時からFlashを嫌う一方で、Android端末はフツーにFlash対応していました。

しかしiPhoneやiPadの人気におされて、Flashもじょじょに勢力が弱くなっていきました。Webコンテンツを提供する側としては、iPhone・iPadユーザーに見てもらえないと意味がないところまで追い込まれて、Flash以外の手を使わざるを得ない状況に変化していきました。

もしAppleがiPhone戦略で失敗こいて、iPhoneがここまで普及していなかったら、Flashはまだ元気に活躍中だったでしょうか。

しかし今になってみると、Appleの嫌Flashがあったからこそ、リッチでも軽いWebコンテンツが普及した感があります。


Webの一時代を築いたFlashを終わらせたiPhone。恐るべき力です。