読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

FTPのパッシブとアクティブの違い

f:id:nekonkeo:20150906224956j:plain



あひるちゃん、不調です...



FTPクライアントは無料のCyberduckを好んで使用しております。

f:id:nekonkeo:20150906225051j:plain

https://cyberduck.io/index.ja.html?l=ja



FTPの設定にはとんと無頓着で、とくに細かい設定もせずに、サーバにファイルアップロードできればそれでOK( ゚∀゚)ってノリで使ってます。

その軽い考えを見直せと、神の啓示でしょうか。



環境の変化

どうやら社内のセキュリティレベルがアップグレードしたらしく、Cyberduckがサーバーとつながらなくなりまして。正確にいうと、サーバー内のファイル一覧は閲覧できるんですが、ファイルをアップロードしようとしても、できない。です(´д⊂)
ファイルを閲覧できるってことは、サーバーにはつながってるってことですかね。。。

細かいことを知らないままではまずいだろ、ということでFTPについて復習します。




FTP接続のアクティブとパッシブの違い

FTPというのは、FTPサーバとFTPクライアントの間でデータのやりとりをすることです。

CyberduckなどのFTPクライアントを使用してFTPサーバにデータをアップしたりデータを落とす際に、2段階の工程(コネクション)をふみます。


まずコントロールコネクション。
サーバーにログインする際のIDやパスワードなどをやりとりします。

2つめはデータコネクション
実際のデータをやりとりします。


で、そのデータコネクションに、アクティブモードパッシブモードの2種類があります。FTPサーバ側からFTPクライアントに接続する場合はアクティブモード。FTPクライアントからFTPサーバ側に接続する場合はパッシブモードになります。


アクティブモードの場合、コントロールコネクションに21番ポートを使い、データコネクションに20番ポートと決め打ちで使用します。
パッシブモードの場合、データコネクションのポート番号はランダムになります。

これがFTPのアクティブとパッシブの違いになります。


何でデータ送信ができなかったのか

社内LANなどでセキュリティの壁がある場合、外部からポートを指定して接続できない場合があります。そうなると、アクティブモードで接続しようとすると、ポートを指定して接続しようとするので、FTPサーバに接続できないようです。


早速Cyberduckの接続設定をパッシブに変更しました。各サーバの接続設定の詳細設定を開くと、アクティブとパッシブの変更ができます。

f:id:nekonkeo:20150906225240j:plain