Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

音楽聞き放題サービスざっくり使ってみた感想 LINE MUSIC編

f:id:nekonkeo:20150903214223j:plain


期待の新星でしたが...




音楽聞き放題サービス戦国時代突入から1〜2ヶ月くらいたちましたかね。
LINE MUSICは無料サービス期間が8月9日に終了し、ターゲットとしていた若者ユーザーがドバーーーーーっと離れていったと噂されております。



まさか音楽サービスをつっこんでくるとは思ってませんでした

ゲームにとどまらず、音楽聞き放題サービス開始したときは、急成長のLINEが音楽聞き放題サービスにつっこんでくるとは思ってもみませんでした。クリエイターズスタンプのシステムをぶっこんできたときも、ビックリしました。一般のユーザーがスタンプを作って販売できるっていう、使う側が制作側に立てる、そのおもしろさったらないですよね。しかも売れたらお金がもらえるって(=゚ω゚)

誰もが「スタンプで稼ごうよ」なんて会話をしたはずです。わたしも、そんな会話しました(*゚ー゚)v


求人サービスもスタートさせて、圧倒的なユーザー数でいろんなサービス公開して、グイグイいっちゃう感じですね。

だがしかしです。音楽配信サービスともなると、ユーザー数がいればいい、というわけではないんですね。




コンテンツが。。。10代ユーザーターゲットじゃないのか...

この夏流れていたLINE MUSICのCMです。


【公式】「LINE MUSIC」TVCM ~シェア篇~ - YouTube



モデルの小松菜奈さん出演。一目瞭然、あきらかにティーンを狙ったCMです。選曲が西野カナさんってところも。そして、小松菜奈さん、この時点で19歳

LINE MUSICの戦略は明らかに10代狙い。



しかし、実際LINE MUSICを見てみますと

f:id:nekonkeo:20150903211354j:plain
2015年9月1日時点です。MINMIやらUVERworldがくるのは、まぁわかるとして、「聖飢魔II」と「BON JOVI」て(ノД`)!!しかもけっこう大きめバナー。




つづいて、apple musicやAWAにもある「海外アーティスト入門」のコーナー

f:id:nekonkeo:20150903212234j:plain

10代の子達、Underworld聞きますかね...



いや、そりゃあ、10代だけじゃなく、20代・30代も40代もLINE MUSIC使いことはありましょうよ。だから聖飢魔IIやらBON JOVIやらあってもいいじゃないか。それにいい音楽は、「いつの時代に聞いてもいいものなのだ」というご意見もございましょうが、それにしては、ちょっと音楽の品揃えに大人の事情が見え見えすぎる気がします...

 



不平だけじゃだめなので、アイデアを(´・ω・)スマソ

そもそも、10代って音楽聞き放題って必要ですかね?

どっちかっつーと、好きなアーティストが2〜3いて、その周辺を聞きまくる、または、ヒットしている曲を中心に聞きまくるイメージです。


ならば、とにかく、週間邦楽・洋楽トップ10くらいは聴けるように、曲をそろえる。そうすれば、流行り廃れに敏感なティーンは、「LINE MUSIC聞いてないと流行りから乗り遅れちゃう!」みたいな空気を作っておけば、みんな毎週アプリログインするからMAUもがつり稼げちゃう!!


どうでしょう。

てなると、幅広く人気のアーティストを揃える必要がでてくるので、レーベルやらをまたいで曲揃えないかんですね。大人の事情が壁になりそうです。


まぁ、わたくしのようなものが考え付くアイデアなんで、すでにLINE MUSIC戦略会議てきな場で、考えられてますよね( ゚д゚)



つぎは、LINE MUSICのライバルAWAを使ってみます。