読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

《iPhone》インスタアップにも効果的!カメラアプリのオススメ《ProCamera》

f:id:nekonkeo:20150829225426j:plain

スマホカメラ撮影上手ってわけでもないんですが、いちおう写真には気を使ってます。


「私は写真を撮るのがうまい」という意味ではございませぬ(σ´・(ェ)・) iPhone純正のカメラでも、自動的にうま〜く調整してくれて、ある程度はキレイに撮影できますが、逆に自分の撮りたいイメージの写真にしたいときに、ちょい不便です。



ProCameraは露出調整ですばやく撮影できる。

そんなこんなで、スマホで写真を撮るときは、iPhone純正カメラは使わずに、ProCameraってやつをインストールして使ってます。



普段アプリに金かけません。ゲームも無課金を貫き通す派ですが、こればっかりは有料です( ・`ω・´)キリッ!!

 

 

ProCameraは、高機能でいろいろできますが、単純に「撮影する写真の明るさを調整できる」ってところがお気に入りです。
アプリとして重要なインターフェイスも使いやすい点も気に入ってます。

インターフェイスはこんな感じです。

f:id:nekonkeo:20150829225755j:plain


一眼レフ並みの機能がついておりますが、わたくしはいつも、露出補正だけで使ってます。


例えば、上の画像では、ちょっと明るすぎるのでちょい暗くしたいです。いまは、右側中央の「露出補正」のメモリが0になってますが、それを-3にして撮影すると…

f:id:nekonkeo:20150829225931j:plain

こんな感じで暗くなります。太陽の輪郭がはっきりしました(`・ω・´)シャキーン


画像を比較するとこんな感じ

f:id:nekonkeo:20150829230040j:plain




逆に明るくすることもできて、露出をプラスにもってくと明るい写真が撮影できます。

f:id:nekonkeo:20150829230102j:plain

太陽がえくすぷろーじょんしております(;゚Д゚)

 


露出の数値を調整することで写真が明るくなったり、暗くなったりするわけです。暗い室内など、もうチート明るくしたいなーって時に調整できるから超便利です。
露出については、こちらを参照くださいませ。

nekonkeo.hatenablog.com

 



ProCameraはシャッタースピード優先でも撮れます


もっと微調整して撮影したいときは、ISO感度を優先にしたり、シャッタスピードを優先したりもできます。

f:id:nekonkeo:20150829230314j:plain

f:id:nekonkeo:20150829230328j:plain

左側(縦位置にすると上になりますが)のISO200ってとこをタップすると右側のメモリがISO感度メモリに、1/15sのシャッタースピードのところをタップすると右側のメモリがシャッタースピードメモリになります。

このあたりのインターフェイスのシンプルさが好きです。

シャッタースピードを長めにすると面白い写真撮れそうですね。でも三脚に固定しないと、手がプルプルしてブレブレの写真しか撮れんです(´・ω・`)

さらに、セルフタイマー機能やナイトモードが設定できたり、全画面シャッター(画面のどこかをタップすればシャッターが降りる機能)もあって、カメラ機能はなんでもそろってます。

f:id:nekonkeo:20150829230601j:plain

f:id:nekonkeo:20150829230615j:plain




Instagramアップ前に調整するといい感じの写真になりますよ

まずサンプルをご確認ください。
Instaアップ前の写真。

f:id:nekonkeo:20150829230736j:plain

 

アップ後の写真。

f:id:nekonkeo:20150829230754j:plain

 

インスタのエフェクトって、明るいところは明るく、暗いところは暗くしてコントラストを強くして演出するエフェクトが多いと思います。その効果をうまくかけるためにも、上の写真はちょっと露出を下げて(暗めにして)照明が強いところだけ残し気味にしました。それによって、インスタでエフェクトかかったときに、明るいところだけガガッと色が強くなるようにしてみましたヽ(^O^)


インスタに限らず、twitterにしろFacebookにしろ、せっかくSNSにアップするなら、カメラアプリにこだわって撮影すれば、いい写真で思い出が残せますよ。