Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

《読書記録》佐藤可士和さんの「佐藤可士和の打ち合わせ」を読みました。

f:id:nekonkeo:20150704225724j:plain

 

「この会議、意味あるの?」って思いません?



「会議」って名のつくものには無駄が多い気がする...


私は、しょっちゅう思ってます。会議参加中に「はぁ〜、こんな時間があるなら、ブログの1本でもかけるやないかぁ〜(*´Д`)ノ」って。


私が現在いる会社は、「会議」という名の「現状報告会」が多いのです。それぞれが現状を報告して、言いたいこといって終了。そんなことに半日以上かけることもしばしば。顔を突き合わせて、話をすることは大切だとはわかってます。
でも、いまどき、ここまでインターネット技術が進歩しているんだから、報告するだけなら、ネット上でやればいいのに...


愚痴っててもなにも始まらないし、自分のチームだけはそんなことにしたくないので、先人の知恵をお借りしようと思い、本屋へ。

会議系ビジネス本て山の用に出てますよね。何者かよくわからん人が書いた本読んでも、「参考になったな〜」程度で、実際に行動にうつそうと思えないですよね。なんとなく気持ちがのらないというか。


だから読むんだったら、尊敬できる人の本にしたいのです!


そこで選んだのがこの人!!!





佐藤可士和さん

f:id:nekonkeo:20150704230131j:plain


「佐藤可士和の打ち合わせ」


私のような職をなんとカテゴライズしていいか、商業デザイナーというかセールスプロモーション担当というか。そういう立場の人間にとっては、この佐藤可士和さん神の存在です。「この人が言うんだから間違いない」という思いで、素直に読めること間違い無しです。




徹底した効率と大切なことは徹底して重視する

やっぱり読んでよかったです。かなり。
シビれました。


社内でわざわざ会議にするようなことは会議にしない。立ち話ですむようなことは、立ち話ですませる。でも、クライアントとの打ち合わせは、出すお茶にまでこだわる。

関わる案件の量が多い分、かなり効率的に仕事を進めていくもの、いい加減に仕事を進めるのではなく、仕事を成功させるためにどういう会議・打ち合わせを行えばいいのか。



佐藤可士和さんの別の著書、「佐藤可士和の整理術」はすでに読んでいたので、佐藤可士和さんの徹底した効率術は、頭に入れていましたが、その整理術を会議にも適応させている。

佐藤可士和さんの仕事・モノ作りに対する姿勢が感じ取れる内容です。


あらためて仕事術に惚れ惚れ

本題の会議・打ち合わせの内容とはちょっとそれますが、「効率的に仕事をする」ということに関しては、佐藤可士和さんの仕事術はとても感動します。

自分も「最近、やること多いなー」なんて感じていたんですが、佐藤さんは、「博報堂時代はかなりの量仕事していたと感じてましたが、いまではその10倍の量の仕事をしている」と本著でいっています。

私の仕事量なんて、佐藤さんの博報堂時代に比べても、微々たるものだと思います。にもかかわらず、佐藤さんは10倍以上の量の案件をこなしている。しかも大成功させている。

自分ももっと効率良く仕事していかなければと、自省を促される、とてもいい読書になりました。