Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

《カメラ用語のお勉強》露出ってなんだ?

f:id:nekonkeo:20150412212158j:plain

 

露出

Wikipedia先生によると・・・

写真技術において露出(ろしゅつ、英語: exposure)ないしは露光(ろこう)とは、フィルム、乾板などの感光材料やCCD、CMOSなどの固体撮像素子を、レンズを通した光にさらすこと(現在のカメラでは通常シャッターの開閉により、これを行う)。またはカメラのレンズを通過してくる光の総量や、画像そのものの明るさのことをいい、これらはレンズの絞り(F値)と露光時間(シャッタースピード)及びフィルム感度の組み合わせによって決まる。

後半の方がわかりやすいですね。まぁ要するに光の量をどの程度にするかってことですかね...

一眼レフカメラの設定自体には「露出」って設定はないですね。 F値とシャッタースピードの調整次第で「露出」が変わるわけです。わかりやすく比較するために、iPhoneのカメラアプリ「ProCamera」の「露出」の設定を3段階変えて撮影してみました。

f:id:nekonkeo:20150412213341j:plain

露出設定、左から〈-1〉〈0〉〈+1〉
全く同じ場所で同じ時間(露出の設定を変更する1〜2秒の差はあります)で撮影したものです。ぱっと見、明るさだけが変わっているように見えますが、空の色味も違ってきてます。

自動で露出を設定してくれるカメラの場合、自動でF値とシャッタースピードを調整して撮影してくれるってことですね。


明るすぎる写真を「露出オーバー」、逆に暗い写真を「露出アンダー」といいますが、自分がどういう写真を残したいかに合わせて露出を調整できると、写真を撮影するのも楽しいですね。