Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

Dreamweaverのnotesフォルダを作成しない&削除する

f:id:nekonkeo:20150405001252j:plain

できるだけ、作業するファイルはすっきりさせて、いらないデータは残したくないですよね。


Dreamweaver使っていると、知らないうちに作成した記憶のない、意味不明なフォルダが生まれています。

f:id:nekonkeo:20150405124325j:plain
それが、この_notesフォルダです。アンダースコアからファイル名がはじまるなんて、変なやつですね。



_notes(デザインノート)は作業メモみたいなもの

まずこの_notesフォルダが何か?ってことですが、Dreamweaverで、作業の進捗やデータの状態(例えば、公開版なのかまだテスト中のデータなのか等)を記録しておけるメモのようなものです。

複数人で同じサイトを作業していたり、自分のノートPCとデスクトップPCの2台で作業している場合など、自分の手元にあるファイルがどういう状態のファイルなのかわかるようにするときに便利ですね。自分の手元のファイルが古いデータで、気がつかずそのファイルで作業してしまい、そのまま本番環境にアップしちまった、なんて恐ろしいミスがないようにできるわけです。

f:id:nekonkeo:20150405124847j:plain


なので、_notesフォルダがあっても、サイトの見栄えや機能に支障はないわけです。
ですが、プロジェクトの規模が大きくなると、ただでさえファイル数が多くて煩雑ですし、デザインノート的な用途のものは、別ファイルでスプレッドシートなどで管理すればいいので、デザインノートは必要ないので_notesフォルダを抹消したいと思います。



_notesフォルダを削除する方法

notesフォルダを作るかどうかは、サイトごとに決められているので、「サイトの管理」から変更することができます。ファイルメニュー>「サイト」>「サイトの管理」を選びます。

f:id:nekonkeo:20150405125234j:plain


サイトの管理から設定したいサイトを選びます。

f:id:nekonkeo:20150405125342j:plain


「詳細設定」の「デザインノート」をひらき、「デザインノートの保持」のチェックを外します。

f:id:nekonkeo:20150405125427j:plain


すでにできているnotesフォルダを削除したいときは、「デザインノートのクリーンアップ」をクリック。

するとnotesフォルダは消え去っております。

f:id:nekonkeo:20150405125458j:plain

 


デザインノート機能は大きなプロジェクトでは便利ですが、作業者共有に特化した機能だと感じます。
進捗状況などは作業者だけじゃなくてプロジェクトに関わるすべての人、例えば営業の人やクライアントの担当者にも共有するべき事なので、エクセルとかGoogleのスプレッドシートなどに進捗表を作成して、進捗を共有した方がいいんじゃないですかね。