読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

Macユーザーは絶対やったほうがいい!Time Machineでバックアップとる方法

f:id:nekonkeo:20150323010346j:plain


TimeMachineやれば、憂なしです。





パソコンとか興味なかったけど、iPhone・iPad使ってる。でも、その後パソコン欲しなって、Macを購入した。という方、多いのではないでしょうか。

Macを使えば使うほど、ファイルが増えたりアプリケーション入れたり、インターネットでお気に入りを登録したり。自分の使いやすいように設定していると思います。
しかし、Macだって壊れることがあります。Macあるあるでいうと、「OSをクリーンインストールしたら直る」という事態。簡単にいうと、「Macを買った時の状態に戻す。」ということです。

困っちゃいますよね。作業ファイルも全部消えちゃうし、ネットのお気に入り・大事な写真も全部消えちゃうわけです。もう地獄です( TДT)。膨大な時間は、取り戻せないのです。


しかし!
Macには素晴らしい機能が付いています。それがTimeMachineです。その名前の通り、タイムスリップできるのです。「あの頃のMacに戻りたい・・・」そんな願望を叶えます。TimeMachineでバックアップしておけば、「バックアップした時の状態」にMacを戻してくれます。

 

1.外付けハードディスクを買う

バックアップ先になる外付けのハードディスクを購入しましょう。容量は1TBか2TBとか買えばたいてい大丈夫だと思います。動画とかバシバシ保存してる人は足りないかもしれませんので、一応自分のMacの容量を調べましょう。

まず、FinederでMachintosh HDを選択して、ファイルメニューから「情報を見る」を選択します。

f:id:nekonkeo:20150321122409j:plain

Mac本体のハードディスクの使用状況が出るので、「使用領域」ってとこを確認します。私の場合、200GB強ですね。

f:id:nekonkeo:20150321122538j:plain
1TBもあれば余裕ですが、バックアップ以外にも使用したいので2TBのものを購入しました。


f:id:nekonkeo:20150316234043j:plain
9,000円前後で買えるものです。





2.外付けハードディスクを取り付ける

購入したハードディスクをMac本体にとりつけましょう。




3.TimeMachine実行!


システム環境設定を開きます

f:id:nekonkeo:20150321123800j:plain


TimeMachineの項目あるので選択します。

f:id:nekonkeo:20150321123854j:plain


初期設定でバックアップ設定が「切り」になってるので、「入り」にして、右の「ディスクを選択...」を選びます。

f:id:nekonkeo:20150321124155j:plain



バックアップ先を選択して、「ディスクを使用」をクリック!するとバックアップがはじまります。

f:id:nekonkeo:20150321124313j:plain


バックアップ中です。

f:id:nekonkeo:20150321124436j:plain


 


バックアップが完了すると、外付けハードディスク内にこんなファイルができます。

f:id:nekonkeo:20150321124810j:plain



これで、いつでもMacをもとに戻すことができます。




4.注意事項

TimeMachineの設定でスイッチを「入り」にしましたが、この状態で外付けハードディスクをつなぎっぱなしにしておくと、定期的にバックアップをとってくれます。設定にはこう書いてありんす。

f:id:nekonkeo:20150321125147j:plain

「そんなにたくさんバックアップいらなくね!?」て、個人的には思います。

定期的にバックアップすると、どんどん外付けハードディスクの容量を使っちゃうことになります。毎日バックアップしないと不安で不安でしようがない、という人は、設定を「入り」にしたまま、外付けハードディスクをMac本体につけっぱにしておきましょう。

私は、そんなにバックアップしたくないので、週1程度でバ手動でTimeMachineとるようにしています。


Macユーザーの皆さん、ぜひTimeMachineやっておきましょう。