Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

MAC OSを10.8から10.10Yosemiteにアップグレード作業記録〜3.実際のアップグレード編〜

 

f:id:nekonkeo:20150315204511j:plain

そんなこんなでMacのバックアップが完了しました。いよいよ本番です。



OSをダウンロード

いよいよOSXの本体をインストールします。まずOS本体をダウンロードします。
AppStoreを起動して「アップデート」ってとこを選ぶか、画面右上の通知センターに「新しいOSあるよ」メッセージが来てますので、そこからAppStoreを起動します。

f:id:nekonkeo:20150318232055j:plain


AppStoreが起動して、Yosemiteにアップグレードしてない状態だと、デカデカと「とっととYosemiteにアップグレードしろや」的な画面が登場しますので、「無料アップグレード」をポチッとします。

f:id:nekonkeo:20150318232603j:plain



なにやらダウンロード的なものが、スタートします。

f:id:nekonkeo:20150318233101j:plain


残り時間1時間6分...

今回、わたくし、wifi環境で作業してるので、有線で作業すればもっと早いかもしれません。

この1時間強をまちつづけることで、「アップグレード終了!」というわけではなく、OS本体のダウンロードが完了するだけです。このあとさらに、インストール作業が必要です。先は長いですね。

ボーっと画面の前で待っててもしょうがないので、放置して買い物行きました。





2〜3時間後。

買い物から帰宅すると、画面が変わってます!

f:id:nekonkeo:20150318233854j:plain



インストール画面が登場します

f:id:nekonkeo:20150318234036j:plain


インストールするハードディスクを選択して、インストールスタートします。インストール準備が完了するとインストールスタートです!

このタイミングで外付け外してましたが、外付けHDDついてると、インストール先に、「外付けHDD」か「Machintosh HD」かを選択できる状態になるでしょう。外付けHDDで起動とかいうことをしないかぎり、Machintosh HDを選択します。


f:id:nekonkeo:20150318234624j:plain


さらに待つこと20数分…


インストールが完了すると勝手に再起動!!!!




そして!




ついに!!







ババーン!

f:id:nekonkeo:20150318234800j:plain




完了です!


全体にツルンとしたインターフェイスになりました!

 

まとめ

今回わたくしの場合、万が一インストール失敗したときに復旧できるように、おやすみの土曜日を作業日に選びました。バックアップやインストールの間間に、余計な時間つぶしをしているので、丸1日かかりました。Time Machineでバックアップ中に「アメトーク」観たり、OSダウンロード中に買い物行ったり...

余計な時間を抜いて計算すると、データ整理&コピーとTime Machineバックアップに3時間、OSのダウンロードに1時間、インストールに30分、で合計だいたい6時間くらいでしょうか。OSXのアップグレード作業が人生で5〜6回経験していて、どういう流れで作業が進むのかある程度想像できているので、他ごとしながらでもスムーズにアップグレードできたのであります。