Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

〈アメブロ〉記事の最後に毎回同じ文を入れる方法〜初心者も安心〜

f:id:nekonkeo:20140920113117j:plain

 



お店のブログ担当をしてると、記事を書いてから、毎回毎回一番下にお店宣伝用のホームページリンクをはったり、メッセージを載せたりすると思います。

でも、毎回同じ内容を入力するのメンドウくさいですよね。

今回はアメブロに定型文を入れる方法を、実際に試してみました。
ちょっとコードを入れなきゃいけない部分ありますけど、コピペするだけなのでご安心を。


こんな感じで毎回同じ内容を入れたい

f:id:nekonkeo:20150309001655j:plain

「読んでくれてありがとう。
ホームページ」
のところが今回の定型文です。

今回はコメント1行と、ホームページへのリンクを定型文として設定したいと思います。 ちなみに、過去の記事全部に挿入されるので、その点だけご注意ください。




定型文を入れるための準備をします。

まずアメブロの管理画面にログインします。
サイドメニューの「管理・設定」をクリック

f:id:nekonkeo:20150309001933j:plain


設定画面がひらくので、「プラグインの追加」をクリックします。

f:id:nekonkeo:20150309002002j:plain



フリープラグインを選択します。

f:id:nekonkeo:20150309002033j:plain


自由に記入できる欄があるので、そこにこのコードをコピペします。

<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.2/jquery.min.js"></script> <script type="text/javascript">$(function(){$("#Teikeibun").appendTo(".articleText")});</script>


ペーストできたら保存します。

f:id:nekonkeo:20150309002309j:plain

 

記事に入れたい定型文の入力します。

今度は、定型文になる箇所を入力します。 もう一度「設定・管理」画面を開き、今度は「フリースペースの編集」をクリック。

f:id:nekonkeo:20150309002357j:plain



ここに、記事に挿入したい文章をいれます。 
今回はこんな感じに入れました。

f:id:nekonkeo:20150309002615j:plain



<div id="Teikeibun">
読んでくれてありがとう。
<a href="http://ameblo.jp/">ホームページ</a>
</div>

入力できたら保存します。




最後の設定、これ忘れるとできませんよ

またまた「設定・管理」画面を開いて、「配置設定」をクリック。

f:id:nekonkeo:20150309003050j:plain




「サイドバーの配置設定」が開きます

f:id:nekonkeo:20150309002856j:plain


左側の「使用しない機能」の中にある「フリープラグイン」を「使用する機能」の中にドラッグ&ドロップします。 場所はどこでもOKです。


これで完了です! 新しく書いた記事はもちろん、過去の記事にも定型文が挿入されます。フリースペースのところは、最初の<div id="Teikeibun">と最後の</div>だけ変更しなければ、自由に変更してOKです!!