読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

Max OS X フォントのインストール方法は2通りとインストール先2つ

f:id:nekonkeo:20150227223615j:plain

 

 

Mac OS Xはフォントのインストール先が2つあります。
(Macはというか、他のOSはどうかぞんじあげません。)

 

まず、
Macintosh HD>ライブラリ>Fonts
の中。

もうひとつが、
Macintosh HD>ユーザー>(ユーザー名)>ライブラリ>Fonts
の中。

1台のMacを数人で共有していて、使うユーザーごとにアカウントを切り替えている場合、ユーザー>ライブラリ>Fontsの中のフォントは、ユーザーごとにしか使えません。ユーザー全員使えるようにしたい場合は、Macintosh HD>ライブラリ>Fontsにフォントをインストールする必要があります。

どちらのインストール先にするかは、目的別で分ければいいので、インストール方法を2つ紹介したくてウズウズするので紹介します。



A.私のフォントインストール方法
※おそらく邪道


1.インストールしたいフォントを用意します。
今回は参考例にTyping Artさんの“こども丸ゴシック”をおかりします。

f:id:nekonkeo:20150227223716j:plain



2.Fontフォルダを開きます。

3.そこにフォントファイルをドラッグ&ドロップでぶっ込みます。

f:id:nekonkeo:20150227223728j:plain



これで“こども丸ゴシック”が使えるようになります。
おそらくこの方法は邪道でしょう。いまは昔、MacがOS9だったころ。フォントのインストール方法は「システムフォルダにぶっこむ」という方法しかなかったので、私はこの方法が染み付いてしまっております。


B.FontBookを使ってインストール

こちらのフォントインストール方法が、正規の方法だと思われます。

1.インストールしたいフォントを用意します。

f:id:nekonkeo:20150227223716j:plain



2.フォントファイルをダブルクリックします。するとFontBookというアプリケーションが起動して、フォントのプレビューが表示されます。プレビューされたら、画面下の“フォントをインストール”をクリック。

f:id:nekonkeo:20150227223855j:plain


これでインストール完了です。


FontBookを使ってインストールすると、デフォルトで
ユーザー>ライブラリ>Fontsの中に入ります。常にMacintosh HD>ライブラリ>Fontsにインストールしたい場合は、FontBookの「環境設定」でインストール先を変更可能です。

f:id:nekonkeo:20150227225714j:plain