Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

〈Macの小ネタ〉ユーザのライブラリフォルダが見つからないんですけど・・・

f:id:nekonkeo:20150222145154j:plain

かれこれ1〜2年気づきませんでした...




今は昔、Mac OS9のころ。Macで使うフォントは「システムフォルダの中のフォントフォルダにドラッグ&ドロップでぶっ込め」、と教わりました、というかそれが常識でした。

そのクセが抜けず、Mac OSXになっても、フォントのインストールするときは、インストール先まで進み、そこにフォントファイルをぶっ込んでおります。


OSXてフォントのインストール先が2カ所あるのです。(そのあたりについてはこの記事へどうぞ。)その1つがユーザーライブラリFontフォルダにあるのです。

ユーザーライブラリFontフォルダに行きたいですが、そもそもライブラリフォルダが見つからないのです。

f:id:nekonkeo:20150225232107j:plain
ないのです。



MacOS10.7以降はユーザー>ライブラリフォルダは隠されてます。

なんなんでしょう。ユーザー>ライブラリフォルダが見えてると、トラブルが多かったのでしょうか。

10.7以降、ユーザー>ライブラリフォルダは隠しフォルダになってます。

なので、どうしてもユーザー>ライブラリフォルダを閲覧したい場合、Finderでoptionキーを押しながら「移動」を選択すると、ユーザー>ライブラリフォルダに到達できます。


※スクリーンショットとりたいのですが、操作上どうしてもできないため
画像出典はadobeサイトより



無事解決です。

 

それよりなにより、この問題を解決しようとしてGoogle先生に聞いたところ、Appleのサポートページではなく、Adobeのサポートページが一番に出てくるのは、Adobeががんばりやさんなのか、Appleの怠慢なのか、Googleが適当なのか...