読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

名古屋のモダニズム建築探訪〈名古屋大学豊田講堂〉

f:id:nekonkeo:20150126004909j:plain


はっきりいって、建築の知識は皆無です。

「日本の代表的な建築家をあげろ」といわれても、丹下建三、安藤忠雄、隈研吾くらいしか出てこないし、その方たちが何を建築したのかと聞かれると、なんにも出てこないです。安藤忠雄のうちっぱなしの家くらいしかでてこないです。


最近、CasaBRUTUSでモダニズム建築特集があったり、ホテルオークラの建て替えが決まったことに対して、失望の声がけっこう聞かれたりして、自分の耳にもよく「モダニズム建築」というキーワードが入ってくるようになりました。


そんなこんなで、近場の「モダニズム建築」とやらはないかと調べたところ、一番近場でいかにも「モダニズム建築」っぽいのが、名古屋大学の豊田講堂。



さっそく行ってみました。

だだーん

f:id:nekonkeo:20150126004926j:plain





こんな感じです。

f:id:nekonkeo:20150126004955j:plain

f:id:nekonkeo:20150126005013j:plain

 

f:id:nekonkeo:20150126005041j:plain


部外者なのでさすがに中には入れませんでした。


建築素人なので、この建物の神髄は理解できてないと思いますが、なんとなく直線のからみあいがかっこいいし、どことなくロボット基地のようなワクワク感を感じますね。

f:id:nekonkeo:20150126005101j:plain

f:id:nekonkeo:20150126005111j:plain



名古屋大学豊田講堂は、1960年に槇文彦氏によって建築されました。豊田講堂は、べつに豊田市にあるわけじゃなくてトヨタ自動車が寄贈したので、豊田講堂というそうです。

2008年に改修工事が行われたそうで、新しい建築のようにキレイが外観でした。壁のコンクリートが木目のようになっている懲りようです。

f:id:nekonkeo:20150126005314j:plain



余談ですが、カメラのこと。
撮影につかったカメラは先日購入したCanonEOS Kiss X7、レンズはEF18mm-55mmのレンズです。なんとも味のない記録写真のようになっちまいました。50mmの単焦点レンズ購入を検討中です。