Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

まじか!もう光学ディスクの時代はおわた。Adobe Encoreはcs6まで

f:id:nekonkeo:20150117232037j:plain


改めて実感しました。

お仕事で動画を制作するのに、AdobeのAfterEffectでベースをつくって、Premiereで最終処理したわけです。最終的な納品形態にDVDを指定されて、ちょっと動揺。データが入ってるDVDじゃなくて、視聴用DVDってことです。

4〜5年前なら、DVDを焼くなんてなんとも思わないというか、当たり前のように準備するわけですが、最近はネット経由で大きいデータが送れるし、クラウドドライブも普及しているし、ディスク離れでCDですら焼いてないのです。つかっているMacにも、いまや光学ディスクドライブなどついていないのです。

AppleがMacから光学ディスクドライブをはずした時点で、「嗚呼、CDの時代はおわったのか」と実感しましたが、改めて光学ディスクの終焉を感じさせることがありました。


AdobeのEncoreはバージョンアップしない

DVDで納品するということは、つくった動画をどうやってDVDにするかってことをクリアしなくてはいけません。で、調べてみるとPremireからEncoreを経由してDVDがやけることが分かりました。

しかし、ここで1つ問題が。Encoreなんてソフト、インストールされてないぞ?

【お知らせ】Premiere Pro CCには、Encore CS6の後継のバージョンは付属さ... | Adobe Community


AdobeのCCにはEncoreがついてきません。そのため、Encoreが欲しい人は、Encore CS6をダウンロードしなくちゃいけないのです。CCもってれば、Encoreも無料ダウンロードできるのですが、時代の流れを感じますね。

Adobe的には、「もうDVDなんて焼かねーから、もうDVD焼くソフトいらんやろ」って判断したわけですね。


そろそろ私も、もってるCDを全部データ化しようと検討してます。