Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

インコの匂い入浴剤の風呂、入ってみました。

f:id:nekonkeo:20141221155744j:plain
最初聞いたときは、全くもって受け入れることはできないし、
いまだに理解不能な点も多々ありますが、
「インコの匂いのする入浴剤」
というものがこの世には存在します。

パッケージこれです。

f:id:nekonkeo:20141221155926j:plain

「インコイメージ入浴剤」とかいてあります。

わたくし、鳥を飼ったことはないですし、インコといえば小学校の鳥小屋にいた記憶しかありませんが、「インコイメージ入浴剤」といわれても、まったくもって意味不明です。。。パッケージを何度見ても何も理解できません。

さらに右下に「天日干し布団風」とあります。
もうわけがわかりません。

理解できないというか、入浴剤とインコの匂いが脳内で結びつけてくれず、思考停止していまいます。そこにおいうちをかけるように「天日干し布団風」。。。

てか、インコの匂いってなんだ?インコに匂いってかいだことないし。。。

唯一記憶の片隅にある、インコの匂いといえば鳥小屋の、糞の臭さなのか動物特集のあの臭さしか思い当たりません。

どんなにがんばっても「インコの匂い」=「動物小屋の匂い」としか脳内で結びつけてくれません。
鳥好きからしたら、「インコの匂い」=「いい匂い」なのでしょうか???


「風呂が動物臭くなったらどうしよう」という若干の恐怖もありましたが、次の日が日曜日ということもあって、風呂が動物臭になっても元に戻すのに1日あればなんとかなる、挑戦するには絶好の機会だろうということで、「インコの匂いの入浴剤」を使ってみる事にしました。


結論からいうと、「なんてことのない、石鹸?のやわかい匂い」の入浴剤でした。逆になんてことない、やわらかい匂いすぎて、コメントしづらいほどです。ビビってた自分が馬鹿みたいです。

いや、もしかすると、鳥好きにすればこれが「インコの匂い」になるのかもしれません。きっとそうなのでしょう。鳥好きには「うわぁー、すごいインコのいい匂いっ!最高!」ってなるんでしょう。



この「インコの匂いの入浴剤」、神戸の「とりみカフェ ポコの森」という鳥を見ながらくつろげるカフェが出した商品。

こういったニッチな商品は、入浴剤メーカーでは出ないであろう角度からの発想で面白いですね。