Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

マーケティングの基礎は「伝える」ということ

f:id:nekonkeo:20141026181520j:plain



マーケティングというと、セグメンテーションやらターゲティングやら、
こむずかしい言葉が先行しがちなイメージです。

今の社会を分析したり、客観的に人を観察したり。

あたかも自分と別社会に対して物やサービスを売るような感覚に陥りがちです。

しかし、商品やサービスを売る相手は、得体の知れない宇宙人でも
言葉の通じない動物でもなく、自分と同じ社会で生活する人です。


自分と同じように毎日何かを買い、
サービスを受けて生活している人です。


マーケティングの基礎として、まず
「自分の商品やサービスの良さを誰かに伝える」ということが
根幹になってきます。


f:id:nekonkeo:20141026181814j:plain




マーケティングにおいて「伝える」という点において、
3つのポイントがあります。


「何を伝えるか」
「誰に伝えるか」
「どのように伝えるか」



・「何を伝えるか」
まず、自社の商品・サービスの良さを伝えなければいけません。
ただなんとなく、こちらが言いたいことだけ言っても、
お客様には伝わりません。

「何を伝えるか」については、自社の商品やサービスについて
3つの点が名言できなければいけません。

①ユニークさ
②お客様にとっての価値
③わかりやすく伝えられる

 




・「誰に伝えるか」
車を売りたい会社が、仮面ライダーの時間帯にCMを放送してもムダなわけです。
なぜなら、仮面ライダーの放送時間は、日曜日の朝8時から。
仮面ライダーは子供向けの番組です。

どんなに人気番組だからといって、仮面ライダーの視聴者である子供向けて
「車を買ってください」といったところで、無意味なわけです。

まぁこれは極端な例ですが、せっかくいい商品やそれを伝える
いいコピーやCM・広告ができたとしても
伝えるべき相手に伝わってなければ意味が無いわけです。

 

 


・「どのように伝えるか」
ある車種を買ってくれそうな層。
例えば、30代社会人男性とすると、
その層がよく見るテレビ番組があり、
その番組内にCMをうつことになったとします。

そのCMタレントして、トリンドル玲奈さんを起用したとします。
きっとその車は売れないでしょう。


30代社会人男性がトリンドル玲奈さんの出演するCMを見ても、
「この車ほしい!」とは思わないからです。

まぁ分かりきってますよね。

伝えたい事と、伝える相手が決まっても、
伝え方を間違えれば、せっかくいい製品も
売れなくなってしまうということです。

 


マーケティングの基礎ともいえる
「何を伝えるか」
「誰に伝えるか」
「どのように伝えるか」
この3つについて、今後もっと掘り下げていきたいと思います。