読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netablog

デザインしたりとWebマーケティングしたりするときにネタになることまとめているネタブログです。

〈photoshop〉調整レイヤーをすぐ下のレイヤーにだけ適応させる

f:id:nekonkeo:20140921140321j:plain

 

 

前書き

 

たとえば、お家の写真の背景に、

別の写真からもってきた空を合成したり

手前に植物とか合成したりするとします。

 

いざ仕上げを見てみると、

「手前の家だけ明るくしたいな」なんてとき

全体の明るさ調整しすると、奥の空まで明るくなっちゃう。


「あれ、家レイヤーだけ明るくしたいんだけど、

どうやってやるんだっけ?』


レイヤー選択した状態で、色調補正かけてもいいけど、

「やっぱり元にもどしたい」ってときにかなり不便です。

 

理想は“調整レイヤー”で色補正かけて

いつでも修正きくのってのが、効率いいです。

 

 

たとえばこんな合成 

 

f:id:nekonkeo:20140921140655j:plain

ペンギンさんが1名いらっしゃいますが、

右に空きがあるのでもう1名追加してみましょう。

 

 

まずペンギン1号のまわりをパスきります。

f:id:nekonkeo:20140921140746j:plain

こんな感じ

 

ペンギンさんだけ選択します。
パスメニューから、“選択範囲を作成”

f:id:nekonkeo:20140921140846j:plain

 

ペンギンさんだけ選択されるので、

レイヤーから、コピー&ペースト。

 

これでペンギン2号ができているので、

移動ツールで2号を移動させます。

f:id:nekonkeo:20140921141016j:plain

増えました。

ペンギン2号には影がなかったりして

不自然ですが、とりあえず合成完了です。

 

 

直下のレイヤーにだけ画像補正をかける

ではペンギン2号だけ、色変えます。

 


レイヤーの最下部から調整レイヤーを追加します。

(画面上部のレイヤーメニュー>新規調整レイヤーでも同じです。)

f:id:nekonkeo:20140921141155j:plain

今回は“色相・彩度”を選びました。

 

 

エキセントリックな色合いにしてみましょう。

f:id:nekonkeo:20140921141312j:plain

この状態だと、背景のプールも手前のペンギン1号も

色が変わってしまいます。

 

 

そこで調整レイヤーのこのボタンをクリックすると

f:id:nekonkeo:20140921141519j:plain

(photoshopのバージョンによってボタンデザインが異なります。)

 

 

f:id:nekonkeo:20140921141527j:plain

あら、簡単。ペンギン2号にだけ補正がかかります。

 

 

文頭にもお伝えしましたが、

ペンギン2号レイヤーを選択した状態で、

色調補正をかけてしまってもなんら問題ありませんが、

後々の調整を考えると、調整レイヤーで色調補正する方が、

効率的です。